アクセスアップ HOME > 商品レビュー > SONY KV-29FX1 壊れる

SONY KV-29FX1 壊れる

今まで使ってた、ソニーのトリニトロンテレビ KV-29FX1 がついに逝った。
1990年製と書いてあるから、生まれて18年間動いていたわけや。お疲れさん。

前々からこれが壊れたら、液晶テレビを買おうと思ってたんやけど、ついにそのときが来ました。

希望の大きさは、32型以上、価格はてきとーでネットで調べてみる。
テレビのCMの影響か?、液晶はシャープと思っていたんですが、なんとなくSONY製品が好きなんで、SONY方面も検討の中に入れてみました。

液晶も安くなってますね。
32型のハイビジョン液晶テレビなら、シャープもソニーもポイント引いて8万円ぐらい。
ソニーのほうが値段が高いイメージがありましたが、液晶テレビに関してはシャープのほうが高い感じですね。

で、候補としては、シャープのAQUOS LC-32D30かソニーのBRAVIA、KDL-32J1にしぼりました。

が、いろいろ見てると、ハイビジョンとフルハイビジョンがあるのに気づきました。

どうせまた、十年以上使うやろうから、フルハイビジョンがええやろと考え直し、候補を変える。

で、シャープのAQUOS、LC-37DS5か、ソニーのBRAVIA、KDL-40V1に変更。

この時点で気持ちはソニー
画面が大きいし、値段も安い。

ということで、次の日に近所のジョーシンで、画面の見比べと価格がどれくらいのもんか調べてみる。

気になった安いソニーの40型のフルハイビジョンの液晶テレビは2機種あって違いは、

フルハイビジョン液晶
KDL-40V1

フルハイビジョン液晶で色再現領域を拡大することで今までにない色の世界を実現するライブカラークリエーション付
KDL-40F1

写してる放送を見比べても優劣がまったくわからなかったんで、価格の安いKDL-40V1に決定。



もっというとさらに上位機種で値段も高いKDL-40X1なんてのも見てみたけど、価格の差程違いがあるのか?よくわかりませんでした。

店頭価格は15万8000円、ネットで見た値段は15万円で、ポイントが3万円ぐらいついて実質12万円だったんで、家からネットで注文。

この時に、お買い得セットのところにあった

  • HDMIケーブル(価格 700円)

  • SONY ネットワークTVボックス BRX-NT1 (価格 5000円ポイント500円)

  • KV-29FX1を引き取ってもらうためのリサイクル料金 (テレビ.大型.ブラウン管16インチ以上リサイクル料金+収集運搬料金 価格 3335円 )

  • 5年間保証 価格 7500円

を同時購入。

HDMIケーブルは半額ぐらいなんでお得。

ネットワークTVボックスは簡単に言うと、gyaoなんかの有料・無料のインターネット動画をパソコンを使わずブラビアで簡単に見れる機器です。

ブラビアのみでインターネットできるから、こんなんいらんて?

ネットワークTVボックスは衝動買いやったんやけど、どうせソニーはリモコンのみでも、5000円ぐらいはするんで、予備のリモコン買ったと思えばお得やと思って・・・

リサイクル料金は、53kgもあるKV-29FX1をもっていってもらうんやった安いもんや。

5年間保障は、パソコン壊れたときにつけとったらよかった。。。と思ったんで、今回は購入。

というわけで、KDL-40V1とお買い得セットの価格は、しめて16万6535円!
手元にポイントが、3万2000円残りました。

今年最初で多分最大の買い物が終了して、もっと上手な購入の仕方があるやろうけど、自分的には満足です。

残ったポイントでPS3でも買おかな。。。

次回は、KDL-40V1のレビューです。



あわせて読みたい 商品レビュー カテゴリーのトピックス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2blogユーザー)

人気ページランキング
最近のエントリ
迷惑メール対策
アクセスアップ
blogカスタマイズ