アクセスアップ HOME > ネットの多分お役立ち > 印鑑証明 代理

印鑑証明 代理

姉が部屋を借りる保証人になって欲しいとの連絡。

2つ返事でOKですが、印鑑証明書が必要になりました。

印鑑証明は最寄りの市役所で、印鑑登録を持参すれば1枚300円ほどですぐに発行してくれますが、市役所ってのは不便な所で平日の昼間しか受付していない。

僕の地域の市役所 受付時間
市役所窓口業務は月曜日~金曜日(土曜・日曜、祝日と12月29日~1月3日の年末年始を除く)午前8時45分から午後5時15分まで行っています

仕事をもってると、この時間帯は仕事を抜けていかなあかんようになります。

で、仕事は抜けられないんで、家族に頼んで印鑑証明を取ってきてもらうことになるんですが、代理で印鑑証明書って委任状いるんやったっけ?

印鑑証明書は委任状はいらないです

代理人が印鑑登録証か印鑑登録カードを持って行けば、印鑑証明を発行してもらえます。

実印 印鑑証明 悪用


実印や印鑑証明というと、なにか悪いことに使われそうで怖いイメージがあります。

具体的には、

実印を押した書類に印鑑証明書のセットがあると、言い逃れできないくらいの強い証拠になります。

実印、印鑑登録、印鑑証明は厳重に管理する必要があります。

印鑑証明のみで悪用するとなると、印影から実印を偽造しての使用となるんで、少し難しいとは思いますが、ここで注意が必要なのは、簡単に手に入る印鑑などを実印にしないことです。

印鑑証明から、知らない間に高価な契約や保証人という恐ろしい事態に巻き込まれるかも知れません。

事の大小にかかわらず、捺印すると責任が生まれるので、三文判でも内容を理解の上で慎重に押印してください。



あわせて読みたい ネットの多分お役立ち カテゴリーのトピックス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2blogユーザー)

人気ページランキング
最近のエントリ
迷惑メール対策
アクセスアップ
blogカスタマイズ