アクセスアップ HOME > 家を建てる > 新築 本体価格以外の費用

新築 本体価格以外の費用

新築を建てると登記やオプションで頼む追加工事など本体以外にもいろいろと費用がかかります。

あまり当てはまらないかもしれないですが、奥まった地形に家を建てる方はさらに注意が必要です。

43条但し書き道路


43条但し書きについては、いろんなサイトで本から丸写ししたような説明があるんでそちらで確認してください。

建築基準法第43条ただし書許可について

4m以上ある大きな道に新築する土地が接していれば気にすることはないですが、接していない場合は43条ただし書き許可をもらわなければならないかもしれないです。

今回僕は43条ただし書き許可が必要だったんで、余分な費用が必要でした。

参考になるか解りませんが、費用の内訳はこんな感じです。

  • 43条ただし書き許可 220000円
  • 43条許可証紙代 33000円
  • 天空率検討図面 45000円
  • 消費税 13250円
  • 合計 311250円

狭い道に接しているとさらに余分な工事費用が必要


43条については新築のためには絶対必要ですが、レッカーやミキサー車などの大型車が入らない道に接していると大変です。

僕の土地は進入路に二トン車しか入れないんで、879375円も余分に費用がかかりました。

クリックで拡大
狭い道でかかる費用の見積もり

これには参りました。

家の見積もりと言えば建てる前にこんなわかりきった金額は含まれてると思ってましたが入っていませんでした。

タマホームでの新築でしたが、この辺りは会社と担当者ともに確信犯だと思うんで契約を結ぶ前にきちんと確認して本体費用に絡めてやってもらえるように頑張ってください。

ぼくはあとの祭りでしたが工事請負契約書に今回の件や、それ以外にも注意した方が良さそうなページがあったんで載せておきます。

タマホーム 見積書に含まれない費用一覧
見積書に含まれない費用


契約書にサインと印鑑を押す前なら、もしかしたらサービスでしてくれるかもしれないので要チェックです。



あわせて読みたい 家を建てる カテゴリーのトピックス

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2blogユーザー)

人気ページランキング
最近のエントリ
迷惑メール対策
アクセスアップ
blogカスタマイズ